<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    じしん(いち)
    0
      お久しぶりです。
      東北関東大震災。

      その日より前が遠い昔のことのように感じます。

      揺れた時は大学にいました。机の下潜って、机が動かないように足とか押さえて、1時間くらい待って、普段は車で10分の道のりを裏道や回り道を使いまくって1時間半で家に帰りました。

      普段と同じ道路で行った友達は帰るのに5時間かかったそうです。

      家帰ったら角の壁に縦にヒビ…。ホットプレートは上から落ちてました。
      電気、水道はそのときは大丈夫(ガスは試してない)だったんですが、ケータイは電話もメールもダメ、家のネットも死んでて、夜中までテレビ見て過ごしてました。

      そしたら夜中に、近所で同じように一人暮らししてる友達来てくれて。結局近所の5人でその中の一人の子の家で夜を明かしました。

      で次の日からですね、みんなの家の水道が止まりだしたの。いつも学校行く時に通る国道4号線で土砂崩れが起きて、完全通行止め&水道管破裂ということで…。

      ずっとニュース見ながら、みんな親や親戚と連絡を取り合ってました。
      私は出身が東京なので自分の無事を伝えればまあ良かったんです。
      でも一緒にいた子のうち3人は福島の海岸沿いや仙台、気仙沼の方に実家があったので、連絡取れない、と言われて何と返して良いのやら…きっと大丈夫だよとしか言えませんでした。。。

      地震の次の日の時点でお店もやってるところが少なく、ガソリンも既に金額制限(2000円まで)。水はもうありませんでしたがお茶を買えました。あとは地震当日にすぐお風呂に貯めた水で。

      そしてその日の夜原発のニュースが流れました。
      一瞬言葉が出なくなりましたが、一人の子の実家が山形だったこと、ガソリンの状況などを考えてその日の夜中に皆で山形へ行く事を決めました。
      その時はみんな2~3日の避難、くらいの軽い気持ちだったんです。「何だ、こんな山形なんて行く必要なかったね」って後から笑えるのが一番良い形だよねって。

      そんな事を言った日から今日で6日目です。
      私は山形で2泊させて頂いた後、新潟を経由して14日の夜中、東京に帰ってきました。
      でも。実家が福島や宮城の子たちはまたもう一度、あの被災地の中に家族を支えにもどって行きました。

      11日のあの日から、ずっと福島にいる友達もいます。
      福島の原発のすぐそばが実家の子も多いですし、仙台や岩手が実家の子もいます。
      心配で堪りません。
      一回の給水で、福島市では一人6リットル、いわきで3リットル、宮城の方では1リットルだそうです。全部、友達から聞きました。お風呂とかは無理だって。
      お風呂に行くにも買い物をするにもガソリンが無いって。緊急車両のみっていうガソスタもあるということで。

      うちの大学病院もそれはそれは大変のようです。宮城に就職した先輩の病院も、急患のみ受け入れだそうです。

      みんなの無事を祈ってます。
      今の私に出来るのは、節電、募金、出来るだけ正しい情報(特にお店やガソスタ、交通など)を友達に教える事、支援物資を区や市を通して送る事、こっちの避難所のボランティアについて調べること…。

      がんばります。
      だから、どうか、無事で。
      こんなところにいて、安全なところ来てしまって、皆ごめんねって、どうしても思っちゃうよ。
      みんなと早く大学で会いたいです。

      このブログを見てくれてる人がいるなら。
      少しでも、何かして貰えたら。
      お願いします。

      | どくたま | - | comments(1) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0

        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |

        Comment

        AtoZ | 2011/08/26 11:22 PM |

        紳助引退の真相はこちら
        http://yik3mq5.ato.zetto.info/yik3mq5/









        PROFILE
        PR
        ENTRY
        ARCHIVES
        COMMENT
        RECOMMEND
        MOBILE
        qrcode
        LINK
        OTHERS